運輸安全に関する取り組みについて

平成31年 安全方針に基づく目標

(1)出庫時をはじめ、宿泊時などのアルコールチェック機器を活用し飲酒運転撲滅とその意識の醸成を図る

(2)関係法令を遵守し特に安全速度、法定速度の順守と確認の励行により交通事故の防止の徹底を図り、各装置の急な操作を行うことにより乗客が転倒する危険の重大さを認識させる。

(3)社員の「あいさつ声掛け運動」を活発に推進し、安全認識と人間関係を醸成して心身ともに健康で勤務できる環境づくりと人事管理、健康管理に務める。

(4)サービス精神と気配り
サービス向上に心掛け、より一層具体的なサービスに意を用い乗客には不安となるような言動や態度は慎む。
目標達成のための計画

(1)年間目標の樹立と達成
運行管理者、整備管理者、営業所長それぞれから担当の年間目標を示し達成に努める。

(2)チャート紙活用による分析と事故防止対策の実施。
(3)出庫時の対面点呼の実施及びアルコールチェックシステムの活用。
(4)健康診断結果の活用
健康診断の定期的受診と結果に基づく面接指導
(5)安全に関する教育
年間指導教育実施計画表を作成し、月ごとに指導テーマを決め毎月の定例ミーティングにおいて指導教育をして安全に対する意識の向上に努める。

Copyright© 2013 Daiichi Kanko Bus Co, LTD All Rights Reserved.

〒989-6143 宮城県大崎市古川中里6丁目2-35
TEL:0229-23-4002 FAX:0229-23-5416